元祖田舎っぺうどん 本店・森川寿司店・水よし 本店

元祖田舎っぺうどん 本店

駅から北に5km昭和48年創業の全国7大ウドンに選ばれた武蔵野うどんを代表する人気店~☆

埼玉手打ち饂飩のパイオニア「田舎っぺ」さんの熊谷本店にスタッフのタモチャンと初訪問~!!

平日のお昼、広い店内は小上がりもカウンター席も超満員。お店の前にも待っている人が~♪

タクサンいるほどの大繁盛ぶり。コノあたりは小麦も取れるらしくウドン店が多数あるみたい~☆

すぐにキンピラゴボウが登場して半分を選んだのに十分過ぎる量、しかも牛蒡と人参が~♪

メッチャ長く、極太の角切りで煮込まれていて、ソノ初めて見る豪快なビジュアルにビックリ~!!

目の前の厨房からは包丁でウドンを切る音がトコトコと聞こえ、ソノ奥では湯気がモウモウと~☆

メッチャ上がる大きな釜で饂飩を茹で、冷水でしめるオバちゃんスタッフ数名がせわしく~♪

動き回っている。肉ネギつゆで普通盛り熱盛りで注文。ウドンはカナリのコシの強さ讃岐ウドンの~☆

堅めの更に上を行っている。饂飩は乱切りでカナリの田舎風、ツユはネギと豚肉がタップリ入った~♪

熱いツユでコレはMAIU。ツルツルと食べ進み食後は蕎麦湯ならぬウドン茹で湯が登場~☆

ツユにうめて頂き腹イッパイ。またユックリ伺います~!!

ゴチソウサマでした~♪♪

 

元祖田舎っぺうどん 本店
埼玉県熊谷市大字代1061-1
048-521-8784

tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11000370/

 

 

 

森川寿司店

国宝に指定された妻沼の聖天様へ行ってみた。平安時代末期に源平合戦にも~☆

その名を馳せる坂東武者 斉藤別当実盛が創建で、江戸時代に入ってからは利根川の水運と~♪

付近で収穫される良質な米により妻沼の地は栄え、ついには日光東照宮にも引けを取らない~☆

豪華絢爛な彫刻群を生み出し、コノ妻沼の名物が妻沼いなり寿司で聖天様の参拝客だけでなく~♪

街道や船路の旅人も買い求めたらしい。今でも江戸時代から続く3軒が町内で営業している~☆

今回はその中から宝暦年間創業という「森川寿司店」さんへ~!!

包装を開くと長い長いオイナリさん。棒状のものが3本その下に隠れるように太巻きが~♪

4つ入ったセットで棒状のオイナリさんは初めて発見。どうやら200余年の歴史があるようですよ~!!

酢飯度合もとても好みでシットリと馴染んだお揚げと絶妙な相性で少し柔らかめなゴハンの~☆

太巻きもなんだか懐かしい味わい。郷土色豊かな参道のお土産を購入できて大満足でしたよ~♪

御参りして美味しい稲荷寿司に出会いメッチャMAIU。またユックリ伺います~!!

しかし熊谷市はハンパない暑さ。ニュースでしか知らなかったが体感してみてビックリです~☆

ゴチソウサマでした~♪♪

 

森川寿司店
埼玉県熊谷市妻沼1523
048-588-0075

tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11023963/

 

 

 

水よし 本店

熊谷にはかつて食肉処理場が幾つかあったらしく、ソノ名残でホルモン屋が多い。中でも地元で~☆

人気なのがコチラ「水よし」さんと言う話を聞いて、スタッフのタモチャンと初訪問ワクワク~♪

メニューは基本ホルモンで牛はミノ・ハラミ・それに豚のカルビ・カシラ・ナンコツ~!!

タン・ハツ・レバー・豚トロ・モツそのほか野菜焼きやキムチ・ライス・とん汁などなど~☆

注文はカシラ・モツ、厨房にシロカシとオーダーが通されて直ぐに炭火の七輪と味噌だれが~♪

テーブルにセット。飲み物は生ビール・レモンサワー間もなくホルモンも皿に盛られて登場~!!

白モツは全く臭みがなくてプリプリの食感。牛モツと違って脂が無くヘルシーで、カシラは~☆

赤身中心で素晴らしい柔らかさ。今まで食べたカシラで1番かも知れないメッチャMAIU~♪

白モツは薄味なのでピリ辛味噌だれで、カシラは下味が付いていたので味噌をお好みで~☆

間違いなく新鮮なので炙る程度の若焼きで、ドレも下味が付いているのでそのまま食べられ~♪

フレッシュな肉の甘さがたまらない。ホルモン焼きの多い熊谷でも納得の美味しさでしたよ~!!

各席で七輪で焼き出す為、シバラクしたら店内は煙で充満モクモク煙が目にしみる~☆

ピリ辛の味噌ダレにつけて食べるタイプがまた最高。内臓系苦手な人も美味しく食べれますね~♪

近所にあったら毎週ゼッタイ行ってる。是非また美味しいホルモン堪能しにユックリ伺います~!!

お腹がイッパイ幸せチャン。でも熊谷はヤハリ暑くて少し熱中症気味ヤバイ暑さだ~☆

ゴチソウサマでした~♪♪

 

水よし 本店
埼玉県熊谷市星川1丁目13
048-525-8929

tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11004588/

 

 

 

 

 

 

 

※よだれ屋 社長ブログ「タカオが行く」より抜粋してお届けしております。